早漏を改善する事は自分に自信が持もてて、さらに女性からも惹かれるというメリットがあります。早漏の改善で女性との不仲解消!

早漏防止・改善マニュアル
このエントリーをはてなブックマークに追加

早漏を改善することのメリット

早漏の改善をする事で自分にどういったメリットがあるのか…その答えはとても単純明快なものです。

性行為において、自分と相手であるパートナーがどちらも大きな満足感を得られるということです。

満足を得られれば、精神的に満たされることになるので、欲求不満などによる不仲を改善したり、それどころかパートナーとの絆がより一層深くなるいうことも安易に想像ができます。

それ以外にも、パートナーがいない場合においては自分に自信が持てるということも重要なことの一つです。

自信が付けば、素敵な出会いが合った際に積極的になることもできますし、自然と普段の生活が明るくなります。

肩を組み微笑みあう外国人カップル 個人差は大きく影響しますが生物学的に女性は性行為に依存しやすい生き物と言われています。

これというのは、女性(メス)には強い男性(オス)を求める本能があるためで、性行為の強さはそのまま子孫繁栄につながってきます。

もちろん単純に女性は男性と違って、何度もオーガズムを得られるという体質であることもあります。

男性の射精までの時間が長ければ長いほど、女性はオーガズムを長い時間得られることになります。

その快感の波が男性への依存へと変わり、どんな女性でも性行為の上手な男性に自然に惹かれてしまうものなのです。

つまり、早漏を改善し、自信を取り戻すことで自然に男性の魅力というのが引き出されるという事になります。

早漏に対しての女性の見方

男性にとって、早漏であることは恥と考えられています。
知人に知られることはもちろん、女性へ知られることなどもってのほかでしょう。
しかし、パートナーと性行為を行う場合、はっきり言って隠し通せるものではありません。

そこで、女性は早漏である男性をどう見ているのか…
肯定的な意見と否定的な意見を交え取り上げてみたいと思います。

早漏肯定派

女性が指で丸のマーク 肯定的な意見として、射精が早いほうが気持ちよかったのだろうと思う女性が多く見受けられまし
た。

そしてそれをカバーするため前戯を長くしたりするとより良い印象を持たれるようです。

そして早漏よりも遅漏(射精が遅い症状)の男性の方が嫌という人も中には存在するようです。

遅漏であると、射精を行わずにセックスを終えるケースが多々あるそうで、男性が射精まで行きつかないというのは女性にとってはなによりも屈辱的なのだそうです。

女性が絶頂に達したかは分かりづらいのですが、男性の絶頂とは射精の事です。

それを確認できないという目に見える結果にはショックを受けるようです。

早漏否定派

女性が指でバツのマーク では否定的な意見はどうかというと、先程の意見とは逆で早すぎた射精により満足を得られない女性が大多数です。

男性だけが満足をしたと捉えてしまうため、女性にはフラストレーションが溜まってしまいます。

それが継続してしまうと最悪の場合、違い男性を捌け口にしたり、別れてしまったりという事が考えられます。

また大手コンドームメーカーが世界26カ国で行ったアンケート調査によると、挿入時間21分以上を選んだ女性が全体の56%いました。

そしてこれらのデータから最低15分以上は必要であることが分かり、1~3分で射精をされることは当然不満であることが分かります。


早漏である場合、どちら側の意見としても前戯やピロートークなどの時間を重視しカバーを行えば女性は満足をするようです。

肉体的な快楽を得るために性行為を行なうわけですが、女性は精神的にも安息感を得たいと考えています。

つまり結論として男性はできる事なら早漏はしっかり改善した方が良いと言えますし、改善しない場合でも、女性に対して満足させて上げようという気持ちや気遣いがとても重要になります。

top